OSS-DB Exam Silver 合格体験記

EngineeringOSS-DB, 試験

OSS-DB Exam Silver 合格体験記

【受験日】
2019/ 06/21 Fri.

 

【取得点】
66点 (64点で合格)

 

【何回目の受験か】
1回目

 

【学習期間】
約2週間

 

【使用テキスト】
翔泳社 「OSS教科書 OSS-DB Silver」

 

【参考にしたサイト】
Ping-t

 

【学習方法】
Ping-t の合格体験記を読んで、Ping-t だけでやろうと決めていた。例のごとく、銅の問題を潰し、銀の問題を潰し、また銅の問題を潰し、やがて模擬試験、随時繰り返し。

OSS-DB Exam Silver Ping-t
OSS-DB Exam Silver Ping-t

おかげで、LEFT | RIGHT OUTER JOIN とか、INNER JOIN とか、NATURAL INNER JOIN とかに触れられ、完全に覚えることができた。応用情報技術者試験の午後問題に出題されていたが、当時の理解は不完全だった。

 

 

トランザクションの分離性に関して、Java Gold で出題された時は、テキストで扱ってないため匙を投げたのを覚えているが、今回学習によって取得できたので、メモしておく。

・DIRTY READ (ダーティリード) : コミット前
他トランザクションによって変更された、コミット前のデータを読み込んでしまう現象。

・PHANTOM READ (ファントムリード) : コミット後 挿入
あるデータをトランザクション内で複数回読み込んだ場合に、他トランザクションでデータの挿入がコミットされることによって以前は取得されなかったデータが取得されてしまう現象。

・FAZZY READ (ファジーリード・反復不能読み取り) : コミット後 変更削除
あるデータをトランザクション内で複数回読み込んだ場合に、他トランザクションで対象データの変更・削除がコミットされることによって取得されるデータ内容が変わってしまう現象。

 

 

上記の翔泳社テキストは、2013年あたりまではこれ1冊で合格にこぎつけられた模様。2015年にはすでに情報が古いとのレビューあり。Ping-t の合間にパラパラ読む程度に使った。章末問題も模擬試験も不使用。

申し込み画面に Ver.1.0 と Ver.2.0 があって当惑したが、調べたら、アップグレードバージョン試験が開始されているということらしい。Ver.1.0 で試験を設定した。
OSS-DB Exam Silver 申込画面

 

【試験の感想】
難しかった。試験中、書籍をもっと細部にわたり確認すべきだったかと思ったが、試験後に確かめると、掲載されていない項目の出題が複数あったのだとわかった。
Ping-t の合格体験記には、そっくりな問題が多数出題されていたみたいなことを書いている人がいたが、とんでもない。どれも私にとっては真新しい観点からの出題ばかりだった。これは不合格かと嫌な気分になったが、負けるものかと、残り時間8分まで見直していた。

 

【受験者へのアドバイス】
わからん。

 

【次の目標】
Java Gold

 


 

 

EngineeringOSS-DB, 試験

Posted by Qawai